食事をするときに気を付けよう

胃腸が弱いと、すぐに下痢を起こしてしまったり、ちょっとした食生活の乱れで便秘やお腹の張りを感じたりするため、なかなか辛いものですよね。

胃腸が悪く腸内トラブルを起こしやすいと、体の中にある老廃物をしっかり排出できなくなってしまうため、健康に支障が出る可能性も否めません。また、逐一食事を気にしたりしなければならないため、面倒に思うこともあるでしょう。そこで、強い胃腸を作るために、普段の食事で気をつけておきたいこととは、一体何でしょうか?

まず、暴飲暴食はなるべく控えるようにしましょう。会社や私生活で嫌なことがあったりすると、どうしても食に走ってしまうこともあると思います。しかし、暴飲暴食をすると胃で十分に食べたものが消化されないまま、腸に到着してしまいます。すると、腸内で食べ物が腐敗し、悪玉菌を増やしてしまう原因となるのです。

また、食事をするときはよく噛むことを心がけましょう。よく噛んで食べている人は、よく噛んでいない人よりも唾液が多く分泌されると言われています。そのため、唾液が消化を助けてくれることになるでしょう。

よく噛むことで砕かれた食べ物たちは、胃の中で消化されやすくなります。すると、消化されないまま腸に届いてしまうということを防げるわけです。よく噛んで食べていないと、分泌される胃液が少ない上に濃くなってしまいます。そのため、胃の粘膜がダメージを受けてしまい、胃もたれを起こしやすくなったりするでしょう。

以上から、胃腸を強くするためには、常に食事はよく噛んで食べることを心がけ、暴飲暴食をしないように気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です