胃腸の働きを高める食べ物について

胃腸が弱くて胃腸薬を手放すことができない…。
そんな悩みを抱えている場合、「どうにか胃腸を丈夫にする方法はないものか」と思うものでしょう。

そこで、胃腸の働きを高めてくれる効果があると言われている食べ物を積極的に食べる習慣を身につけてみることをお勧めします。

例えば、腸内にある有害な菌たちを排除してくれる効果を持つとされているニラ。
食べることで胃腸の働きを促進する効果も持っているため、ニラ玉や鍋の材料、お粥に混ぜるなどして、積極的に食べていきましょう。

また、白菜は食物繊維が多く、消化を助ける野菜であるため、胃腸に優しいと言われています。特に胃がもたれやすいことに悩みがちな人は、白菜を含んだメニューを食事に取り入れてみるようにしてください。

一方、どちらかというと腸内の動きがあまり良くないという人にはほうれん草がおすすめです。ほうれん草は消化されにくく、完全に消化されない状態で腸まで運ばれていきます。そのため、消化されていないほうれん草が腸を刺激してくれるので、蠕動運動などのはたらきが活発になってくれるでしょう。

他にも、乳酸菌が豊富で腸の働きを促進してくれるとして知られているヨーグルト。食前に食べると胃の中で乳酸菌が死んでしまいやすくなるため、できれば食後に食べるようにしましょう。そうすると、生きたまま腸まで届く乳酸菌が多くなります。

また、納豆などのネバネバの食べ物は胃の粘膜を保護してくれる効果があるため、胃が弱っているときに食べる食べ物としては非常に適しています。胃がモヤモヤしてるな…と感じたら、納豆でご飯を食べるとモヤモヤが改善されやすいでしょう。

参考・・・
酵素断食というのも効果的です。
酵素がたくさん含まれた発酵食品などを食べつつ、断食する方法です。
http://www.xn--ecki4eoz5532fuk8ay87ae7n.biz/

コメントは受け付けていません。